The Land Of Rising Sun

この道の果てへ道は続く。現在は主にポケモン・ポケプラの人ですがガンプラや食玩、キッズプラモなども。

TOP >  ガンプラ改造・スクラッチ >  【ガンプラ】挑め!くらくらの挑戦状(前編)

【ガンプラ】挑め!くらくらの挑戦状(前編)

新PC投稿テストもかねて。
ツイッター企画「くらくらの挑戦状」紹介前編。


                                    
                                     


※Windows 10だよ
家のパソコンが新しくなりました。管理人です。
新PCの打ち込み慣れも兼ねて小ネタ気味に。
PCが変わると今までのカメラ写真が非常に味気ないものに映る・・・考えよう。

※しかし補正はかけやすくなったかな。デフォルトの「フォト」が使える
…まず連絡として。新PC導入時の整理でセレビィ、見つかりました
スタンドはなし。飛翔ポーズの方のビクティニに使用してしまっているのです。
これで残るは本当にスイクンだけです。
いよいよ長き旅にも本当に終わりが見えました…がアマゾン値段2480円…


さてさて。
ツイッター上では広島の模型店・くらくらプラモの企画「くらくらの挑戦状」に挑戦中。
企画としては送られてきた中古プラモ(ガンプラでないこともあり)をお題に沿ってミキシングしてオリジナルのMSを作るというもの。
ミキシングセット(現在販売中止)は値段3000円ほど(送料無料)で、

※お題・スタンドだけのライトセットもあるよ
これだけのものが封入されてきました。
・MG GP02 ・HG シュツルム・ガルス ・HG00 ダブルオーガンダム
SPTグライムカイザル(当時品) ・各種ジャンクパーツ
上3つは組済みですが単純に安いと思います。左に映るのは新品スタンド。



まず断っておくと管理人はミキシングのオリジナル機が苦手です
書庫「ガンプラ改造・スクラッチ」項からもわかるように、基本的に管理人は既存の機体をミキシングなり改造なりスクラッチなりで作るのがメインです。
※ポケプラフルスクラッチ系もそうですが

パガルデ回の武器のように自分の要素を取り入れて楽しむことはないわけではないのですが、オリジナル機作成となると話は別で。
冬のイエサブ本店MSコンテストに出した上のAGEー3オービタル…
ガンダムAGE-3 ファザーンもいろいろ悩んでいた中で出した一機でした。
塗装は秋葉原工作室。慣れないエアブラシで失敗してしまい…

オリジナル機は、素体にパーツを取り付けていく形の単純なものしかできません。
元の機体が持っている可動範囲などを大事にしたいのと、考えすぎて失敗する・考えすぎてモチベーションが続かない例が多いからです。
大学の時はHG00のミキシングをやりかけたまま半年は放置し、最近も本ブログ未掲載の機体が制作途中で止まっています。

本コンペの最大の特長はお題
くらくらの店長から3枚のお題カードが(ランダムで)示され、それに沿って(必ずしも全部使う必要はない)組み上げていくことになります。
この場合「ニュータイプ専用機」「元ジオニック系量産機」「ご当地キット」の3つから1~3枚使って作ることになる…のですが、
専用機と量産機は矛盾するというように本当にランダムなお題なのがポイント。
このようなお題システムなら方向性もまとめやすく少しは組みやすくなるのと単純に大量のジャンクに惹かれて参加を決意しました。


自分はMGは近年まともに作っていないのでメインはシュツルム・ガルス。
それにGP02の大きなパーツなどなどを移植していく形です。

※でも接着剤表記があります
また、グライムカイザルは1986年発売当時品。
さすがに接着剤は封入されていませんが、専用のダイキャスト製ライフルが目を引きます。
それらを組み合わせて作っていきます。
受けたお題は「ニュータイプ専用機」と「ご当地キット」…はてさて。

※シールドファンネルのように使います
ところで冒頭写真のサイサリスシールド。
ガルスよりもさらにでかいこの盾との組み合わせはあるポケモンを連想させ…
げふんげふん